未開の地、琴似へ冒険してきました。

2018.07.27 | フレッシュスタッフの飲み歩き

こんにちは。れいです。

前回は社長に言われた場所に行ったので、

今回が本当の意味で1人飲み。

冒険してみよう!!そう思い僕が辿り着いたのは、

琴似!!

第2のすすきのと呼ばれているが僕自身学生時代にチェーン店で飲んだ記憶しかない。

ふらふらと探索していると、数軒の居酒屋が。しかし、どこも地元感が強くて後一歩が踏み出せない。

店の前で看板を見ては違う所行ったり戻ってきたり、

勇気をだして、入ったのは

囲酒家みのりさん。

入るとそこには常連と思われる女性と、強面の大将と思われる男性。

ドキドキしながらカウンターに。

とりあえずトリスのハイボールを注文。

メニューを見ると海鮮から、串、揚げ物など様々なラインナップ。

本日のおすすめは多数あって、そこに僕の大好きな魚があったのですぐ注文。

カンパチの刺身。

ホテルで中華風刺身を提供していた時に惚れ込んだカンパチ。

約3年ぶりの再会。

相変わらずうまい!!

厚めに切られていて、歯ごたえ抜群で脂が乗っていてジューシー。

二口目は山わさびを少しのっけてさっぱり味わう。

続いてお肉が食べたくなり、宮崎県産の赤どりのたたきを注文。

美しい。

見えますかこの美しい色。

嬉しいのはモモ肉と胸肉の2種類を持ってくれていること。それぞれ異なる歯ごたえと旨みで、今回食べた中で一番すきでした。

やはり地鶏は違いますね。

地鶏は育てるのとても大変なの知っていますか?3つほど条件があるので簡単に説明を。

① 在来種純系、もしくは在来種を片親か両親に使っていること。

② 飼育期間が80日以上あること。

③ 孵化から28日以降は、1平米あたり10羽以下の環境で平飼い。

これだけ手前がかかっているから美味いに違いない!!

この2品を食べた時に、1つの疑問が僕の中に芽生えました。

大将実は相当な腕の持ち主じゃないのか?

そんな僕の心の声を見透かしたように隣に座っていた常連さんが、

「あんたこの店来て正解だよ。大将こんなんだけど、腕は確かだからね」

と一言。

それを言われた途端、

自分の店選びは間違ってなかったのかな?

と、とても嬉しい気持ちになりました。

大将にお話を聞くと、ホテルや、イタリアで修行をしたこともあるみたいです。

メニューをパッと見渡して目に留まったのは、明太春巻き。

これでもかってぐらい明太子がぎっしり。大葉のおかげで軽く食べれます。明太子ってほんと酒に合います!

そろそろ締めようと思い最後に頼んだのは、アンチョビマヨポテト。

ネーミングに惹かれました。

ジャガイモは皮付きで揚げていてパリパリ。

アンチョビマヨって初めて食べましたが、

これならどんな物にでも合いそうですね。

自分の店でもやろうかな笑

最後に大将や常連さんと少しお話ししてお店を後に。

本当はもう一軒ぐらい周りたかったのですが、アンチョビマヨポテトでお腹いっぱいになったので帰ります。

大将や、常連さんが一見さんの僕にもとっても優しく接してくれて、楽しい時間を過ごせました。

勇気を出してお店に入ってみることがとても大事だと思いました。

次回は、南郷や麻生の方に冒険しようかな。

囲酒家みのり
営業時間:17:00〜24:00 (フードL.O.23:30)
定休日:月曜日
TEL:011-631-6655
住所:北海道札幌市西区琴似一条1-5-13 玉福ビル1F
関連リンク食べログ