北24条で美唄焼鳥を味わう。

2019.09.23 | ローカル酒場

こんな人に読んでもらいたい

北24条エリアでの気軽な一人飲みにオススメ。

テレビを見ていたら焼鳥屋の特集をしていました。
老舗の焼き鳥屋の職人が串打ちをする姿から、香ばしく焼きあげる様までを目にしてしまい、「美味い焼き鳥が食べたい」という欲にかられてしまいました。
そして、同じ番組を見ていたという友達から「ちょっと焼鳥食べたいんだけど」と連絡が来ました。
映像の威力は恐ろしいです。

札幌に焼き鳥屋は数あれど、「じゃここに行こう」という一押しの店がありません。
高級な気取った店は敷居が高い。
安いとそれなり。
その間にある、串にはこだわっているが昔ながらな庶民的という美味しい焼き鳥屋を欲しています。
「焼き鳥食べたくなったらとりあえずここだろ」という行きつけが欲しい。

美味しい庶民派焼き鳥の新規開拓は食べログなどで見つけるのは案外難しいと感じています。
気長にリアルな口コミを集めたいと思います。

そんなわけで、とりあえず美唄焼き鳥を食べることにしました。
北24条エリアにある「美唄焼きとり たつみ」でございます。

美唄本店で食べて、また食べたいと思っていたのですが札幌にあったんですね。
もつ串・鳥精肉串は本店と同じであるという情報を見つけたので、美味しいもつ串を食べて焼き鳥欲を一旦鎮火したいと思います。

店内は焼き鳥屋というよりも、定食屋ぽい明るい雰囲気。
先客の若者はバイトの子が友達を連れて飲みに来たといった感じで、店員さんとの会話もフレンドリー。
アットホームな空気が流れています。
こりゃ一人でも入りやすいですね。

まずビール。
今日は連れがいるので頼みませんが、晩酌セットはもつ串2本、精1本、おまかせ2本とワンドリンクで980円!
いいですね〜!

わーい!
これこれ、美唄焼鳥。
来た瞬間、あ、一人前だな。と思いました。私の好きなキンカン1個しかなかった。
今日は二人だったということに気づき、このあとすぐにもう1ロットこれを頼みました。

サイドメニューにも特徴あり。
美唄焼鳥以外の串メニューもいろいろありますが、一品メニューが山口県産のもの中心なのです。

珍しいメニューが並んでいたので、鯖メンチカツを注文してみました。
魚くささはなくさっぱりめなのですが、ちゃんと鯖感がある。
初めて食べたけど美味しかったです。

続いて皮。お酒のつまみには皮。
皮はよく焼きたい派なので、たまにぬったりした皮に出会うことを恐れています。
ここは大丈夫でした。よかった。

野菜はもろキュウ。
何気に包丁仕事が手の込んでいるもろキュウ。

サガリ串はひと通りの鳥の串が来てから、締め的に出てきました。
サガリは焼鳥屋でも焼肉屋でも外せません。サガリ最高。

サガリのお供はレモンサワー。

カウンターには仕事帰りとおぼしきスーツの男性がやってきてはサクッと飲んで去っていきます。いいね。
無性にもつ串が食べたくなる時があるので、その時はまっすぐここへ一人で来よう。晩酌セットで。

魚は大丈夫?とお店の人がサービスで煮魚をそっと出してくれました。
優しい味で美味しかったです。
ブリだと思い、帰り際に「ブリも美味しかったです!」と言ったら「カツオだよ」って言われました。
恥ずかしいですね!

さて。
北24条と言えば。

五坪です。
締め牡蠣を食べて帰っちゃうよ。

蒸し&焼き牡蠣をたんまり食べます。
牡蠣のお供もレモンサワー。

すすきの、円山、北24条と五坪を網羅してしまいました。
今回は生がなかったので「生牡蠣食べたい欲」がふつふつ湧いて来ています。
人の欲というものには際限がありません。

しかし今日は食べ過ぎました。
北24条エリアは気軽なチェーン店も味な居酒屋も、いろいろあってまだまだ気になる。
また訪れたいと思います。

美唄焼とり たつみ
営業時間:17:00~23:30(L.O.22:30)
定休日:月曜日
TEL:050-5597-1030
住所:北海道札幌市北区北24条西4-2-11
関連リンク食べログ 
五坪 北24条店
営業時間:17:00-牡蠣がなくなるまで、店主の体力尽きるまで
定休日:不定休
TEL:011-746-4177
住所:北海道札幌市北区北24条西4丁目 グリーン会館 1F
関連リンク食べログ 
きんちゃん
きんちゃん
編集担当きんちゃん。年々酒が体に入っていかなくなって来たが、酒場の雰囲気とつまみが大好き。