揚子江は町中華の枠を軽く超えた店。

2020.01.23 | ローカル酒場

こんな人に読んでもらいたい

寿司も中華も、という欲張りさんに。1人で飲むなら寿司屋に行く気持ちで向かうのがオススメです。

BS-TBSで放送されている「町中華で飲ろうぜ」という番組をご存知でしょうか。
飲ろうぜと書いて、一杯やろうぜという感じを出してくる。にくい。

玉ちゃんこと玉袋筋太郎が降り立った駅で町の人に聞いた味な町中華へ行き、1人でひたすら飲んで食べるという自由奔放な内容です。
美味しそうに餃子を通称633(瓶ビールの大瓶のこと)で流し込んだりするので、お腹も空きだす深夜に見るのは酷な、魅力的な番組です。

あー、ダメだ。
私も絶対町中華で飲ろう。
西18丁目界隈の町中華で飲ろう。

大衆中華はそこそこあります。
たくさん食べれない、たくさん飲めない、目だけ卑しい。
三重苦の大衆中華不適合者が行けるところなんてあるか。
そもそもテレビの向こうにはきっと玉ちゃんの向かいにもう一つ二つ、写っていない胃袋があるはず…

ふと思い出したのは大通西15丁目にある揚子江。
その昔、ランチで安いどんぶり系の何かを食べたことがあります。
激混みでした。
夜行ってみたかった!

都合よく夕方に大寒たまごを届けに来てくれた友達を勧誘し、胃袋ひとつゲット。
1人デビューの前の下見と相成りました。

老舗感が表に滲み出てます。黄金寿司という看板もあります。
そう、寿司と中華の店なのです。

予約なしで平日19時、なんとかカウンターに座れました。
やはり賑わっています。

奥にある座敷席は広そう。
手前にはテーブル席が4つほど。
カウンターは8席くらい。

これから座敷では大人数の宴会が行われる模様。
大量の刺身盛り合わせと毛蟹が着々と準備されています。
カウンターの前はほぼ寿司屋。
海鮮が並んでいて、テンションが上がります。
オープンな厨房の奥には中華鍋を振るコンロが並ぶ。見事に融合してます。

ビールでスタート。
とにかく混んでいておかみさん、ホールスタッフ、厨房の料理人達みんな大忙し。ライブ感がすごい。カラ酒はいかん、つまみだ!

はて。

テーブルにあるメニューは飲み物、中華の数種の一品料理、ご飯もの、麺もの、寿司、巻物。
しかし周りのテーブルには刺身の盛り合わせ。
目の前の寿司カウンターには大好物の真だち。
メニューに全然書いてません。
壁などにも特に日替わりメニュー的なものはありません。

目の前の職人さんに、刺身食べたいんですけど〜とおどおど言う。
「盛り合わせるかい?」
「はい!2人前!」
「ダメなものとかある?」
「ダメなものはないですが、真だちも食べたいです!」
「真だちはポン酢でいいかな、じゃ2つね」
「はい!!」

注文はオーダーメイドでした。
これは寿司屋だ。
カウンターは寿司屋に来た感じが勝る。
カウンターはきっとポジション的に黄金寿司なんだ。

手際良く真だちポン酢がすぐにやってきた。
まさに良い時期、とろける美味さ。
プリン体にコレステロール、オン。

刺身の盛り合わせは豪快です。そして美味しいです。
旬はもとより、ノリ?で盛ってくるネタは変わるみたいです。お隣さんとは微妙に違いました。
2人前と言いましたが他にも頼むなら1人前を2人で食べても良さそうです。
盛り合わせで蟹や数の子がやってくることが珍しいなと感じました。
蟹。時価。大丈夫か。

しばらく刺身で飲んでましたが、隣のお一人様の男性が、なんかつまみ2品くらいお願いします!と言って出てきたつまみを見て、こっちにもそれください、と乗っかりオーダー。
メニューないもんで…

それがこちら。興奮してまぐろに寄り過ぎています。
名物なのかな、他の席の人も食べてました。
まぐろの中落ち的なものを海苔に巻きます。
ご飯のない手巻き。贅沢なボリューム。
こんなにまぐろ来て大丈夫か。

ボリュームに対してコスパがいいと人気の店なので安心しきってます。
そう、きっと大丈夫なはず。

もうお金のことは忘れて、酒だ!

凍結酒というものを選択。
しゃりしゃりの日本酒です。
なぜか飲みやすい気になる。
危ないやつだ。夏にまた飲みたい。

すっかり出来上がってしまいました。

あれ?

町中華どこ行った?

軌道修正して、〆に炒麺を頼むことにしました。

2人いて良かった…
隣のお一人様男性は完全に寿司屋利用でした。
うむ、1人で来る時は黄金寿司だな。

町中華を目指して来て、結果1人寿司に良いカウンターを見つけました。
でも唐揚げとか蟹玉とかくじらベーコンとかあわびとかとか、もっといろんなもの食べてみたかったです。

愛され続けてきたからこその老舗の雰囲気が心地よく、また来たくなる魅力かな。
ご高齢ながら一番明るくてキビキビしたおかみさん、見守る店主の安心感、スタッフみなさんのチームワーク、店を愛してやまないお客さん。
スーツのおじさまが多いものの、若い男性グループや女子飲みなど、客層は多岐にわたっていました。
とにかく帰るお客さんがみんなおかみさんや店主に親しみを込めてありがとう、ありがとう、と感謝を述べて帰っていく様がとても素敵でした。

揚子江はみんなの心の故郷。
ドキドキしていたお会計も1人5,000円以下!
もりもり海鮮食べられて、コスパよし!

次は毛蟹付きの宴会コースだな!と友達と意気込んで帰路につきました。

中華料理 揚子江
営業時間:[Lunch] 11:00-13:30  [Dinner] 17:00-22:00(LO 21:30)
定休日:日・祝日
TEL:011-611-5516
住所:北海道札幌市中央区大通西15丁目3
関連リンク食べログ 
人気店なので1本電話してからが良いかもしれません。
きんちゃん
きんちゃん
編集担当きんちゃん。年々酒が体に入っていかなくなって来たが、酒場の雰囲気とつまみが大好き。