創意工夫をじんわり楽しむ1人忘年会

2019.12.31 | ローカル酒場

こんな人に読んでもらいたい

西11丁目〜8丁目界隈での女子1人飲みにオススメ。

2019年最後の金曜日。
多くの会社が仕事を納め、街が忘年会で賑わう。
そんな日に無謀にも1人で飲もうとしています。
そう、私も忘年会をしたいのです。

マイペースに1人飲みをし続けた自分のためのひとり忘年会です。
そんなわけで、ちょっと雰囲気良いところにしたいね。

喧騒の大通・すすきのを避けて、今日はここでしっぽりやろう。
地下鉄西11丁目・市電西8丁目駅エリア「西洋料理・麺 ヌイユ」にお邪魔します。

西洋料理といいつつも、和の要素もあり、創作的なメニューが魅力的なお店です。
そして麺とはパスタではなくラーメンです。これも創作的で美味しい。
ランチタイムにラーメンを食べたり、夜も友達とご飯したりと何度か訪れたことのあるお店。
1人は初です。

テーブル席は大小で5つほど。
大きいテーブルでは宴会、小さいテーブルでは常連さんと思われる二人組が。
6席あるカウンターには先客はなく、ホッと一番端に席を決めます。

いつものことですがオーダーにめちゃ迷います。
私が優柔不断だからだけではありません。
気になるメニューがたくさんあるのです。
店主のひと工夫・組み合わせの妙がツボをくすぐり、目が卑しくなってしまうのです。
裏表あるメニューを何度も何度もひっくり返して凝視している私を、こちらを見ずに見守っているホールの方。
こういう気配りをできる人になりたい。

迷った末に、クラフトビールのアウグス限定無濾過でやっとスタート。
この濁った感じがいいよね!

お供はまずはおでん。
おでんの具を選ぶのもひと苦労だった。

マイルール・おでんは3種まで。
他にも食べたいメニューがいっぱいあるので、おでんでおなかをいっぱいにしてはいけない。

生揚げ豆腐・秋刀魚のさつまあげ・ポテトニョッキ
とろとろ、ふわふわ、もちもちという珠玉の柔らかチョイス。

スープまでも選べます。
私は鶏白湯の白スープ。
基本は鶏と生ハムのお出汁、他に海ソースやピリ辛の味噌などもある。
からしもついてきて、丁寧な鶏白湯と良い味わい。
ホワイトペッパーがアクセントでいい仕事。

どれもとても美味しいのですが、特に発見はニョッキ。
ニョッキなんてほぼ作らない。しかしいももちならどうか。
道産子ならたまに作るんじゃないか。
中にチーズが潜んでいて、食べると口の中にほんのり野性味が広がります。
いももちのおでんってアリだな、という発見。
いや、これはニョッキなんだけど。

続いて、牡蠣の燻製ポン酢ジュレ。1個から頼めるから助かる。
(牡蠣のポテトグラタンなども1個から頼めます)

一口でも食べられる牡蠣を、3つに切ってくれる上品な配慮。
大切にし過ぎてジュレ溶けました。殻を持ってズーズー吸う。
そうしないために切ってあって、ジュレになっているであろうに。
店主の配慮を無下にする不徳な客。
溶けても、美味しかったよ。

常連のおじさまが1人ふらっとやって来ました。
昼から宴会をしていて、今日はもう終わり、と言っています。
まだ19時だけど昼からならもう終わっていいと思うよ。
今年最後になるからと挨拶ついでに1杯と1つまみでサクッと去って行きました。
かっこいい。

私はのんびりと第2幕を始めます。
イタリアのオーガニックワインの白を頼みます。
だいぶ調子に乗っています。

ワインのあては、あん肝と鹿肉のたたき。
魚の内臓と動物の肉を合わせる妙。
あん肝はもちろんとろけ、鹿肉のたたきも口の中の温度でとろけていく。
う、まーーーー

そして串焼き。1串から頼めます。
ここでも迷いに迷って、牡蠣と岩海苔のつくね串とラムもも串。
牡蠣のつくねは鶏ひき肉をベースにしてるようですが牡蠣の旨みと海苔の磯の風味がもうたまんない。
ラムはラムらしい野性味もある食べ応えある一品。
スタンダードな焼き鳥から変わり串まで、串だけでも楽しめます。

あぁ、幸せだなぁ。
この1年、いろんな未知のお店に1人で行ってみて、良いこともにがいこともありました。
食べログに保存してある行ってみたいお店は軽く50軒くらいあるので、来年も1人飲みの旅は続くことでしょう。

1人飲みは冒険。
人生観が変わる程ではない、ちょうどいいくらいの刺激がそこにあるでしょう。
冒険から気に入った店を見つけて、落ち着くサードプレイスにしたい。
緊張なく入れるいつもの一軒を作って、自分にとって適量の1人酒をマイペースに嗜むって素敵。
1人を楽しめる自立したオトナは周りのことも尊重して大切にできる、と信じております。
良いこと言いたい。年末だから。

気づけば店内に私しかいなくなってる。

お腹もちょうど良くなり、そろそろ宴も酣。
私もいきつけの立ち飲み屋に年内最後の顔出して、おにぎり食べてサクッと家に帰ろうと思います。
年末は地下鉄があるうちに帰るのが得策。

本当は締めにまた戻ってきて、ラーメン食べたいけど。
気になるメニューがちらほら・・・季節で変わる創作ラーメンは一度味わってみて欲しい。

感じの良い接客と、丁寧なお料理と美味しいお酒。
何食べても美味しい。
女性のお一人様、ご褒美酒にオススメのお店です。

来年もまた酒場ライフを楽しみましょう。
それでは良いお年を。

西洋料理・麺 ヌイユ
営業時間:11:30~15:00 17:00~23:30(L.O.23:00)
定休日:日曜日
TEL:011-213-0115
住所: 北海道札幌市中央区南1条西9-15 B1F
関連リンク公式サイト  Facebook   食べログ 
きんちゃん
きんちゃん
編集担当きんちゃん。年々酒が体に入っていかなくなって来たが、酒場の雰囲気とつまみが大好き。