昼は豚丼、夜は豚皿(そば屋だけど)

2019.03.12 | ローカル酒場

今年に入って一人飲みから遠ざかっていました。
気づけば3月。恐ろしい速さで時が過ぎます。
外に出なくては。

リハビリを兼ねて、近所の店へ行こう。
西18丁目駅から徒歩5分程度。
北1条・宮の森通り沿い。
昼は豚丼とそば、夜は居酒屋。巷の人気店、「潮太郎」でございます。

眩しい電光掲示板と、情報量過多ののぼりが目印。余談ですが休みの日や営業時間外も電光掲示板がついていたりします。ハニートラップ。

数年前、ここから1〜2分ほどの間近に会社があったため、ランチで週3回は来ていました。
大変世話になっていた馴染みの店です。
漫画がたくさんあって、当時はヒカルの碁を読破しました。
そば中心ですがとにかく豚丼が美味しい。飽きるほど食べました。一生分食べたと思います。
完全なるホームゲーム。

しかし人気店ゆえ、週3で通っていても特に常連感はありません。
前々から夜のメニューの豊富さとリーズナブルさは気になっていたのです。

夜一人で訪れたのは今日が2回目。
1回目は水曜だったが会社帰りのみなさんで賑わっていました。
一人で飲み過ぎて、家に着くなり倒れ込んだため今回はリベンジマッチなのです。

さて、先客は常連とおぼしき老夫婦のみ。TVを見ながら家さながらリラックスして酒を楽しんでいます。
学生さんと思われる初々しい青年が二人掛けのテーブル席に案内してくれました。
ここはカウンターはないですが、蕎麦屋だからか、テーブル席でも一人で気にせず座れます。
まずは樽詰のハイボール。お通しは麻婆茄子的なもの。

久しぶりの一人飲みで、またつまみを頼み過ぎてしまいました。
少食だと自分で知っているはずなのに、目が卑しいのだ。
おかず祭り。
ひとつ言い訳がしたい。
フライドポテトは頼んでいない。
本日、女性の方へのサービスです。と、店員さんがそっと置いていったんです。
お一人様の女性には、ポテトつきます、もしくはポテトいります?とオーダー時にちょっと聞いて欲しかった。

だって串揚げ5点盛りも頼んであったんですもの。

豚皿、串揚げが食べたくて、野菜として定番枝豆をチョイスしたが、それでも頼み過ぎたと思った。
なのにフライドポテトが来た。
女性のみなさま、火曜の潮太郎はレディースデーです。

気を取り直して、豚皿について。
豚丼のご飯なし、ということです。
地養豚の豚皿は潮太郎の1番人気です。
たしかに、これはオススメ。
柔らかくて美味しい。
冷めても柔らかい。
一生分食べたと思ったけど、やっぱり美味しい。

キスの串揚げがハートみたいじゃないですか。エビ、ホタテ、イカ、キス、ちくわの魚介中心の串揚げ5種。食べ応えがあります。
キスの串揚げの向こうに見える、私と平行に座っている女性、後から来店した一人飲みのお仲間さんです。

気をつけて!フライドポテトくれるから!

私の心の叫びが伝わったのか、彼女は注文を一気にせず、1品ずつオーダーしていました。
1品食べ終わった頃にポテトがやってきて、それも食べた後に、揚げ出し豆腐を頼んでいました。

賢い、その方法、いただきます。

途中、ビジネスマンもソロで二名やって来たが、それぞれ黙々と飲み、みなすぐに去って行った。
サクッと飲んで帰る。平日だもの。
1品ずつ頼む女性も先に席を立ち、客はずっと口をもぐもぐしている私だけに。

まだ20時だというのに、なんだろう、この居残り給食のような敗北感。
遠くに見えるTVのモニターを見つめながら、なんとか完食し、店を後にする。
今日は食べ過ぎたおかげかお酒もそんなに回らず、元気に帰宅できたので良しとしよう。

雪もすっかり溶けてきたし、また味な酒場を求めて徘徊したくなる季節がやってきますね。

豚丼とそば居酒屋 潮太郎
営業時間:11:30~14:30 (L.O.14:00)  17:30~22:30(L.O.22:00)
定休日:土曜・日曜・祝日 (宴会は定休日でも対応できます。)
TEL:050-5571-0716
住所:北海道札幌市中央区北一条西19 ダイコービル1F
関連リンク食べログ 
きんちゃん
きんちゃん
編集担当きんちゃん。年々酒が体に入っていかなくなって来たが、酒場の雰囲気とつまみが大好き。